イッチハンカイ徒然草

面白さ原理主義のハッティーが必ず、あなたを笑わせて精神崩壊をさせます。

戦後の日本のリアル『漫画でわかる戦後ニッポン』 【感想】

結構前にこんな本を買ったので、紹介したいと思います。

マンガでわかる戦後ニッポン

マンガでわかる戦後ニッポン

  • 作者: 手塚治虫,水木しげる,つげ義春,はるき悦巳,ちばてつやほか
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

目次

第1章 廃墟からの復興
手塚治虫 紙の砦
水木しげる 国際ギャング団
つげ義春 大場電気鍍金工業所

第2章 高度成長の時代
はるき悦巳 力動山がやって来た
ちばてつや 風のように
勝川克志 ミゼットと電器店
大友克洋 上を向いて歩こう

第3章 「繁栄」の光と影
西岸良平 丹沢の棟梁
諸星大二郎 不安の立像
かわぐちかいじ 抱きしめたい

第4章 過去から未来へ
岡崎京子 秋の日は釣瓶落とし
谷口ジロー 犬を飼う
村上もとか あなたを忘れない

 


いろんな年代の漫画家が集まっているため、個人の嗜好により読みやすいものや読みにくいものがあるとは思います。

 

帯には,こう書いてあります。

この作品集に撰された作品を読むと、戦後マンガが宮本常一の『忘れられた日本人』のような「常民の何事もないような日常記録として書き残す」という民俗学の仕事の一部をしっかりと担ったことがよくわかる。「クールジャパン」というような浮ついたビジネス優先の文脈で語られる以上に戦後マンガが果した役割は深く、意味のあるものだった。

内田樹による解説の抜粋が書いてあります。

なかなか面白そうですよね!彼の解説いわく、テレビのドキュメンタリーでビートルズが来日した際、熱狂に包まれていたとよく解説されるが、実際の”空気”は違っていて、ジャニーズとかを聞き、ビートルズを聴いている人はほとんどいなかったと。よくも悪くも、そういったものは「強い立場」であるメディアによって作られて、この作品集は本当の時代の空気を「弱い立場」から描いた作品だといっています。

 

気になった作品を少し紹介します。

 

手塚治虫 紙の砦

圧倒的に読みやすかった。戦争のリアルが伝わってくるような気がします(言葉にすると陳腐だけど)

あらすじはこんな感じ。

漫画家志望の大寒鉄郎とオペラ歌手志望の岡本京子が戦時中に偶然出会うことから始まる。そして、軍需工場で二人はバッタリ再会。幾度も夢を語り合うのだが、空襲にあい、京子は顔に怪我を負ってしまい歌劇スターへの夢を諦めざるを得ない悲劇を描く。


特徴的なシーンは、ここ。この前のシーンでは、京子ちゃんが爆撃で顔にダメージを受けています

f:id:icchihankai:20170209144514j:image

f:id:icchihankai:20170209144516j:image

アメリカの爆撃機が墜落して、それを皆がボコしている所に偶然通りかかって、彼も殴ろうとしているのですが、虚しくて出来ない。

 

 

やっぱり戦争体験者の話をほぼ聞いたことないので、大学生のうちに一回は聞きたいですね。。。

 

 

つげ義春 大場電気鍍金工業所

凄く読みづらいです。世界観が難しい。

f:id:icchihankai:20170209144854j:image

世界観が狂っているといわれている僕でも、あまり理解出来ない。工場で働いていたら、元工場主の妻と新しく入ってきた男と一緒に夜逃げした、少年は一人残された。というお話です。すごいシーンを切り抜くな…!という感じです。

 

 

 

村上もとか あなたを忘れない

樺太のお話も面白かった。

アルツハイマー病と診断された宮崎誠一は、53年前に樺太で出会った白系ロシア人のエレーナが忘れられず、孫娘の彩と共に樺太へ赴く。

結末を言ってしまうと、エレーナはすでに死んでいて、会うことは叶わないのですが、誠一は会ったという。娘からしたら、??ボケてる??となるのですが、エレーナの家族曰く、エレーナもアルツハイマー病に罹っており、死ぬ直前に同じようなことを言っていたといいます。

f:id:icchihankai:20170209144911j:image

f:id:icchihankai:20170209144913j:image

君の名は。みたいな感じです。時空を超えて、繋がり合ったというお話しです。

 

山口にプーチンが来たのも最近のことですが、ロシアは中国並みに近いのに、あまり知らないですよね。これを機に勉強するのも良いと思います。

 

漫画は軽く読めるのでいいですね、絵じゃないと伝わらないこともありますし。

この漫画、欲しい人いたら贈呈します!気軽にご連絡を。

 

 

マンガでわかる戦後ニッポン

マンガでわかる戦後ニッポン

  • 作者: 手塚治虫,水木しげる,つげ義春,はるき悦巳,ちばてつやほか
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

この本も面白そうですね。買おうかな。 

手塚治虫が描いた戦後NIPPON 上: 1945~1964 焦土から東京オリンピックまで (復刻名作漫画シリーズ)

手塚治虫が描いた戦後NIPPON 上: 1945~1964 焦土から東京オリンピックまで (復刻名作漫画シリーズ)

 

 おしまい